肌の悩み

ベビーオイルを顔にうまく使って保湿しよう!ただし注意点もあります。

ベビーオイルって、赤ちゃんのためだけのものだと思っていませんか?

実は、ベビーーオイルは、大人でも使用することができるアイテムです。

ベビーオイルを顔のスキンケアに使っている人の話を聞いたことがありませんか?
結構、話題になっていますよね。

でも、ただ単純に顔にベビーオイルを塗るだけではダメなんです。

顔にベビーオイルを使用するときの効果や注意点などをまとめてみました。

そもそもベビーオイルは顔に使ってもいいの?

ベビーオイルは、顔に使用することができます。

赤ちゃんにも使える優しい成分ですから、大人の顔に使っても問題ありません。

主な使用方法は、以下の3つになります。

・クレンジング
・洗顔
・保湿

では、順番にご紹介していきます。

1.クレンジング
まず、クレンジングとしてベビーオイルを使う方法です。

クレンジング剤の代わりにベビーオイルをメイクの上に乗せます。
優しくお肌になじませて、メイクを浮かせて落としていきます。

メイクを落としたら、ベビーオイルを洗い流します。

ベビーオイルを洗い流したら、通常の洗顔を行いましょう。

2.洗顔
洗顔でベビーオイルを使用する方法です。

泡立てネットなどで、日頃使用している洗顔料を泡立てます。

泡立った洗顔料に、ベビーオイルを数滴混ぜます。

洗顔の泡にベビーオイルを混ぜることで、保湿をしながら洗顔を行うことができます。

洗顔した後のお肌は、乾燥しがちです。
ベビーオイルを使うことで、洗顔の乾燥を防ぐことができます。

混ぜるベビーオイルの量に注意してくださいね。
多すぎると顔がベタベタしてしまい、顔を洗い流すときに負担になってしまいます。

3.保湿
ベビーオイルを保湿に使用する方法です。

保湿の場合は、保湿クリームの代わりにベビーオイルを使用します。

多く使いすぎると、毛穴がふさがってしまいます。
適量を使うようにしましょう。

ベビーオイルを顔に使う場合は、主に上記の3つがあります。

ベビーオイルを顔に使うときの注意点

顔にベビーオイルを使用する際、注意しなければいけないことはあります。

特に、保湿にベビーオイルを使うときですが、使う量が多くなってはお肌によくありません。

ベビーオイルの主成分であるミネラルオイルは、お肌の表面にとどまります。
そのため、ベビーオイルがいわば「フタ」の代わりとなるわけです。

そうすると、毛穴が詰まってしまい、肌トラブルの原因となりかねません。

特にニキビができやすい方は、注意が必要です。

また、ベビーオイルが保湿効果に優れているからといって、それだけで終わってはいけません。

というのも、ベビーオイルの保湿効果は一時的なものにすぎないためです。

乾燥肌を元から治したいのであれば、それなりの方法を行わなければいけないということは覚えておきましょう。

ベビーオイルを顔には使わない方がいい人とは?

ベビーオイルを使用しても大丈夫な人と、使用を控えた方がいい人がいます。

顔に使う場合注意が必要なタイプの人は複数います。

まずは、ニキビができやすい肌質の方です。

ニキビは、毛穴の詰まりなどが原因で起こります。
そのため、ベビーオイルの使い方を間違えてしまったときに、ニキビができてしまう可能性があります。

ニキビができることを避けるためにも、ニキビ肌の方は使用しないようにしましょう。

次に向いていない方は、脂性肌の方です。

脂性肌の人は、もともと肌に油分は足りています。
そこにベビーオイルを足してしまうと、テカリなどの原因ともなってしまいます。

さらに、吹き出物などもできる可能性があります。

ベビーオイルを顔に使いたい人は、自分の肌質を見極めて使用するようにしてくださいね。